ジェルネイルって自分でオフできるの?オフの手順と気をつけるべきポイント

様々なデザインを楽しむことができて、キレイが長続きするジェルネイル。爪の強度も強くなるなど、イイコトづくめなので、幅広い年齢層の女性に人気があります。今では、必要なグッズを揃えれば誰でも手軽にセルフジェルネイルを楽しむことができますし、また、ネイルサロンに行かなくてもオフすることができます。
ただ、ジェルネイルは、オフする時に最も爪が傷つくと言われています。そこで、こちらでは、ジェルネイルを自分でオフする時の手順と、気をつけるべきポイントについてご説明します。

 

オフに必要な道具を準備する

まず、ジェルネイルを自分でオフするにあたって必要な道具を準備しましょう。ジェルネイルオフの際に使用する基本的な道具はこちらです。

 

・ファイル(150〜180G(グリッド)のものが理想です。)
・コットン
・ジェルリムーバー
・アルミホイル(なければ、アルミホイルカップでも代用可)
・ピンセット
・メタルプッシャー
・スポンジファイル
・ハンドクリーム、ネイルオイルなど(保湿用)

 

オフの手順

 

  1. ファイルを使って、爪の表面を軽くサンディングします。この時、ジェル自体を爪からこそげ落とすような強い力をかけてはいけません。あくまでもトップジェルだけを除去するような感覚で作業するよう心がけて下さい。
  2.  

  3. サンディングが完了したら、アルミホイルの上に指をのせます。ピンセットを使ってコットンにジェルリムーバーをたっぷりと含ませ、爪の上に置きます。コットンは、あらかじめ爪の大きさに合わせてカットしておくと作業がスムーズに進みます。また、コットンが大きすぎると、ジェルリムーバーが爪周りの肌につくことにより、皮膚に負担がかかってしまうので注意して下さい。コットンを爪にぴったりと密着させ、リムーバーがジェルにしっかりと浸透するように、上からアルミホイルを巻き付けます。アルミホイルで指を包み込むように覆うのがポイントです。
  4.  

  5. リムーバーが浸透し、ジェルが浮いてきたら、アルミホイルを外してメタルプッシャーでジェルを爪の根元へと一気に押しだします。一気に、というのは力を加えてぐいっと強く押す、ということではありませんので注意して下さい。ここで力を入れてしまうと、爪に大きな負担をかけてしまいます。浮いたジェルを爪の根元にやさしく寄せるような感覚で処理するようにしましょう。もし、力を入れないとジェルが取れない、という場合は、ジェルリムーバーが十分浸透していないことが考えられます。アルミホイルをまき直して、ジェルリムーバーが浸透するのを待ちましょう。
  6.  

  7. ジェルを除去した後、スポンジファイルで軽く爪を整えます。ジェルネイルをオフした後は爪が乾燥していますので、オイルやハンドクリームでしっかりと油分補給してあげることが大切です。

 

オフの際に気をつけること

ジェルリムーバーを始め、ジェルネイルのオフに必要なアイテムは、ネイル専門店やネットショップなどで簡単に入手することができるため、手順をきちんと守り、ポイントさえ押さえれば、自分で安全かつ手軽にオフすることができるようになっています。
ただ、手軽にオフできるがゆえに、自己流でオフして、かえって爪を傷つけてしまうこともあるようです。オフの際に気をつけることは、力を加えすぎないこと。余分な力を加えてしまうと、もともと健康な爪でもかなりのダメージを受けてしまいます。特に、オフの手順で説明した1のサンディングと3のプッシャーを使っての工程は、やさしい力加減で作業することを心がけて下さい。
ジェルネイル初心者のうちは、「力加減」といってもよく分からないということもあるでしょう。最初のうちは、ネイルサロンでプロのネイリストにオフしてもらうことをオススメします。オフの時、「自分でオフする時に気をつけることってありますか?」と質問すれば、ジェルネイルをオフする際の秘策を教えてもらえるかもしれません。

 

 

 

絶対にやってはいけないこと

また、絶対にやってはいけないことが2点あります。
まず、「気になってついやってしまった」という人が実は結構いらっしゃるかもしれませんが、取れかけのジェルネイルを無理やり剥がすという行為。これは絶対にやってはいけません。

 

ジェルが中浮きしたり、剥がれかけてきたのを目にしたりすると、つい気になってしまうこともあるでしょう。ただ、オフの正しい手順を踏まずに無理やり剥がすというのは、ジェルとともに爪の表皮まで剥がしてしまう可能性が大です。剥がす必要のない部分まで力を加えて除去してしまうことで、爪は確実に傷み、ひどければ、回復するまでジェルネイルを控えなければならなくなることもあります。
また、これはついうっかり勘違いをしていた、というケースも考えられるのですが、セルフでジェルネイルをオフする際には、必ずマニキュア用のエナメルリムーバーではなく、ジェルネイル専用のジェルリムーバーを使用するようにして下さい。マニキュア用のリムーバーではジェルネイルをオフすることはできませんので、くれぐれも注意して下さい。

ネイルサロンではフットケアもできる!施術の流れと得られるメリット

ネイルサロンといえば、「手や足のネイルを施術してもらう場所」というイメージがわくのではないでしょうか。また、ネイルをしなくても、手指の爪の形を整えたり、ハンドマッサージをしてもらったりする、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。
このように、手指のトータルケアと足のネイルを扱っていると考える人が多いですが、今、ネイルサロンでは足のお手入れをできるところも増えており、ちょっとしたブームになっています。では、具体的にどのようなお手入れができるのでしょうか。ネイルサロンでフットケアを依頼した場合の流れを取り上げつつ、得られるメリットについてもご紹介します。

 

ネイルサロンでのフットケアの種類とは

フットケアに関して、いくつかのコースを設定しているネイルサロンがほとんどです。
たとえば、フットバスを使っての温浴と爪の汚れや角質を除去する、というシンプルなコースから、足の爪だけではなく足裏の角質も除去してくれるコース、さらには足の爪や足裏の角質ケアにプラスしてひざ下までのケアも込みのコースまで、バリエーションは豊富です。ケアする範囲が広がれば、それに応じて価格が上がっていくのが一般的です。
また、基本コースにオプションという形で複数のサービスを提供しているネイルサロンもありますので、自分の希望するケアが含まれているかどうかを確認しながらコースを選択すると良いでしょう。

 

フットケアの一般的な流れ

では、フットケアの一般的な流れについてご紹介します。

 

温浴

まず、フットバスを使って温浴を行います。普段、手はきちんとケアするけれど、足はお手入れを怠りがち、という人は結構多いもの。お手入れせずに、ほったらかしにした足は、日常の疲れがたまりやすくなっています。フットバスでは、硬くなった角質を柔らかくしていきます。

 

甘皮処理、角質ケア

温浴後、角質を柔らかくした状態でケアを開始します。爪の表面にこびりついた甘皮や角質などを除去していきます。角質は、取り過ぎるのも良くないので、一人一人の足の状態をみながら施術を行っていきます。

 

爪の形を整える

次に爪の形や爪の表面の凸凹も滑らかに整えます。日頃、なかなか足指の爪の手入れをする時間がない、という人も、甘皮と角質のケア、爪の形を整えるという、ここまでの段階で、足指の爪が格段に美しくなっていることを実感できるはずです。

 

かかとの角質ケア

男女とも、足の悩みのトップとして挙げられるほど悩んでいる人が多い、足の裏やかかとの角質。かかとの角質は歩き方や姿勢などによって、厚くなる部分も人それぞれです。角質がたまっているだけで、歩くと足裏が痛む、という人もたくさんいらっしゃいます。ところが、だからと言って取り過ぎるのも逆効果。足に負担がかかることさえあるので注意したいものです。自己流だとなかなか難しい足裏の角質ケアも、プロの手にかかれば見違えるような足裏になり、長年の悩みから解放されるかもしれません。

 

ひざ下に磨きをかけるスペシャルケア

足の爪と爪まわり、さらに足裏の角質ケアにプラスして、ひざ下までの範囲を、専用のトリートメントやパックを使ってケアしていきます。顔にも使用できるような贅沢なパックを足の甲やひざ下に使うことによって、潤いをたっぷり含んだみずみずしいハリのある肌を取り戻せるはずです。日頃、手入れの行き届きにくい爪先からひざ下を丁寧にケアすることで、輝くような足を手に入れられるのはもちろん、リッチな施術に心の余裕も生まれることでしょう。

 

ネイルサロンでフットケアを受けるメリットとは

では、ネイルサロンでフットケアを受けるメリットとは何でしょうか。それは、フットケアとフットのネイル、両方の施術が可能なところです。「フットのネイルのためにネイルサロンに足を運んだけれど、フットケアもやっていることを知り、興味が出てきた」という人もたくさんいます。フットのネイルとフットケア、両方の相談ができるのが、ネイルサロンでフットケアを受けるメリットといえます。
外出時には靴を履いているため、人目に触れる機会が少ない足先ですが、ふと素足になった時、足の爪は伸び放題でかかとは角質がたまりっぱなしでガサガサ、なんていう状態だと恥ずかしいですよね。しかも、サンダルの季節である夏はすぐそこ。人に見られても恥ずかしくない、むしろ、見てほしくなるような美しい足を目指して、ネイルサロンでフットケアを受けてみませんか。

 

アイネイルズ渋谷店